ホームITFAセンサーの市場動向

IT Insight

FAセンサーの市場動向

レンテックインサイト編集部

FAセンサーの市場は、この数年間で堅調に拡大しています。コロナ禍において一時的な停滞はあったものの、企業からの設備投資の需要は依然として高く、今後も成長を続けていくでしょう。

本記事では、数年後の社会に大きく影響するFAセンサーの市場動向について解説します。

FAセンサーの市場規模

NECA(一般社団法人 日本電気制御機器工業会)が公表している「2022年度 出荷見通し」によると、2022年度の電気制御機器の出荷見通しは過去最高の7,460億円に達すると予測されています。成長率で見ると、2021年度は前年比117.2%、2022年度は前年比104.8%となっており、堅調に拡大を続けていることが分かります。

NECAの調査対象は、制御用リレー・操作用スイッチ・検出用スイッチ・PLC・FAシステム機器・制御用専用機器・安全制御機器など多岐にわたります。国内外および品目別の出荷統計データが定期的に公開されているので、FAセンサーの市場動向を知りたい方は参考にしてみるとよいでしょう。

株式会社グローバルインフォメーションが取り扱う市場調査レポート「産業用制御およびファクトリーオートメーションの世界市場 (~2026年)」においても、センサーを含むFA市場の規模は2021年から2026年にかけて8.2%のCAGR(年平均成長率)で推移すると予測されています。このことからも、FAセンサーの市場は堅調な拡大が見込まれるといえるでしょう。

FAセンサー市場における注目分野

FAセンサーの現在の主力市場は、工作機械・半導体製造装置・産業用ロボットとなっています。いずれも安定した成長が見込まれており、自動化・省人化の需要が高い状況です。2020年には新型コロナウイルスの感染拡大を受けて一時的に停滞しましたが、2021年には過去最高を超える勢いで受注が拡大しており、それに伴ってFAセンサーの需要を押し上げる結果となりました。

また、昨今では工場の生産設備以外にもFAセンサーが採用される例が増えています。例えば、人手不足が深刻化している物流業界において、AGV(無人搬送車)を始めとするロボットの需要が高まっています。AGVには各種センサーが数多く搭載されており、障害物を検知しながら自律走行を行えるため、物流倉庫の自動化・省人化に役立ちます。今後は物流業界以外でもロボットが積極的に導入されていくと考えられるため、ロボット市場の拡大に伴ってFAセンサーの需要も増加していくでしょう。

同様に、IoTや5Gといった通信機器の市場もさらなる拡大が期待されています。IoTの市場は製造業向けの比率が高く、製造業各社はスマートファクトリーの実現や製品のIoT化によるサービタイゼーションに取り組んでいる状況です。製造業以外にも、スマートホームやスマートコンストラクションなど、IoTを活用して新たな価値を生み出そうという動きが多々見受けられます。IoT向けでも、FAセンサーの需要は高まっていくと予想できます。

もう一つの注目市場として、食品・医薬品・化粧品といった3品業界が挙げられます。これらの業界に対しては、消費者から「安全」「安心」を求める声が大きくなっており、トレーサビリティや不良品の検知といった用途でFAセンサーが採用されています。今後は人手不足の影響から生産ラインの自動化が進んでいくと考えられるため、FAセンサーの安定した市場として期待できます。

FAセンサー市場の懸念事項

ここまででご紹介した通り、堅調な拡大を続けているFAセンサー市場ですが、懸念事項がないわけではありません。

例えば、FAセンサーの一部は半導体の性質を応用してセンシングを行っているため、昨今の半導体不足の影響によって生産が停止する恐れがあります。FAセンサーが不足すると、半導体製造装置が作れなくなって半導体メーカーの設備投資に影響を及ぼし、さらに半導体不足に陥るといった悪循環も考えられます。今のところ、半導体メーカーの設備投資は順調に進んでおり、半導体不足は解消されていくと見込まれていますが、何らかの要因で状況が変化する可能性もあるため注意が必要です。

また、半導体以外の部品不足や原材料費高騰の影響を受ける可能性もあります。新型コロナウイルスの感染拡大やウクライナ情勢などによって、世界中が混乱している状況です。今後の経過を十分に観察していく必要があるといえるでしょう。

このように、いくつかの懸念事項はあるものの、FAセンサーを活用した自動化・省人化の需要は確実に高まっていきます。今後も一時的な停滞はあるかもしれませんが、FAセンサーの市場は堅調な拡大を続けていくことでしょう。

FAセンサーの市場動向から世の中の流れが分かる

FAセンサーの市場は、今後しばらくの間は堅調に拡大していくと考えられます。FAセンサーは企業の設備投資と深く関わるため、今後伸びていく業界や技術を推測するという意味でも必ずチェックしておきたい情報です。

FAセンサーの市場動向から、今後も目を離さないようにしていきましょう。

IT Insightの他記事もご覧ください

Prev

Next