ホームIT作業者管理に役立つセンシング技術

IT Insight

作業者管理に役立つセンシング技術

レンテックインサイト編集部

IT Insight 作業者管理に役立つセンシング技術

画像素材:Adobe Stock

本記事では、製造業での作業者管理に役立つセンシング技術をご紹介します。

製造業にとって現場作業の進捗管理や安全管理は極めて重要です。しかし、定期的な見回りや紙での記録といったアナログな管理では、手間がかかってしまいます。作業者管理を効率化するには、各種センシング技術によって作業者情報の見える化に取り組むことをおすすめします。

作業者管理にセンシング技術を導入するメリット

作業者管理にセンシング技術を導入するメリットは、大きく三つあります。

一つ目は、作業の遅れや危険な作業を即座に検知できることです。現場での作業が予定よりも遅れていることや、危険な作業が行われていることに管理者が気付かないままだと、納期遅延や重大な事故が発生する可能性があります。しかし、センシング技術を導入すれば、管理者が意識しなくても作業者の情報をリアルタイムに取得できるため、問題が発生する前に対処することが可能です。

二つ目は、管理者の手間が軽減されることです。センシング技術を導入していない企業では、管理者は定期的に現場を見回ったり、作業者が紙に記録した内容を集計したりする必要があります。しかし、忙しい管理者にとってこれらの業務は大きな負担です。センシング技術を導入すれば、見回りや集計の手間がなくなり、管理者がほかの業務に集中できるようになります。

三つ目は、作業者自身が問題を認識できることです。特に安全管理の面では、管理者からの指摘を受ける前に、作業者自身が危険な状況に気付いて対処できる方が望ましいといえます。センシング技術を導入すれば、作業者が気付いていない危険を素早く検知して注意を促せるため、事故の発生を未然に防げるようになります。

進捗管理に役立つセンシング技術

作業の進捗管理に役立つセンシング技術としては、RFIDセンサーと人感センサーの二つが挙げられます。

RFIDは、電波を用いた近距離無線通信によってICタグの情報を非接触で読み書きする技術です。RFIDタグを作業指示書などの帳票に貼っておき、作業を開始・終了する際にRFIDセンサーにかざすだけで、進捗管理を効率化できます。作業記録を紙の日報で管理している企業は多いですが、終業後にしかその日の進捗が分からない、集計の手間が発生する、といった課題がありました。しかし、RFIDセンサーを導入すれば、管理者が作業の進捗をリアルタイムに把握できるようになるだけでなく、案件ごとにかかった工数の集計にも活用できます。作業者にとっても、手書きで記録をする手間が省けるためメリットがあります。

また、カメラなどを用いた人感センサーも進捗管理に役立ちます。例えば、作業エリア内に人がいるかどうかを検知して、人がいる時間を作業時間として自動で集計するといったことが実現可能です。作業者が日報などで作業時間を報告していると、実際の作業時間と報告内容がずれてしまう可能性がありますが、人感センサーを活用すれば実際の作業時間を収集しやすくなります。

IT Insight  作業者管理に役立つセンシング技術

画像素材:Adobe Stock

安全管理に役立つセンシング技術

作業者の安全管理においても、さまざまなセンシング技術を活用できます。

作業現場が屋内の場合は、位置測位センサーによる作業者の所在エリアの特定が効果的です。そのエリアの温度、湿度、CO2濃度といった環境データも計測しておき、もしも危険な環境下での作業が継続するようであれば、アラート機能で管理者に通知を出すことができます。また、各エリアにいる作業員の人数や動線も把握できるため、コロナ禍における3密対策としてもメリットがあります。

屋内・屋外を問わずに活用できるのは、ウエアラブルデバイスによるセンシングです。例えば、温度センサー・湿度センサーが搭載された腕時計型デバイスを作業者が装着すれば、温度・湿度から不快指数を計算して作業環境をモニタリングできます。また、光学センサーによって脈拍を測ったり、加速度センサーによって作業者の転倒や落下、静止を検知したりもできます。高機能なデバイスであれば、作業の開始・終了や作業個数の記録もできるため、進捗管理としても利用可能です。

他には、普段使っているヘルメットにセンサーデバイスを後付けするだけで利用できる安全管理システムなども存在しています。暑さによる作業者へのストレスや転倒・落下を検知したり、作業者自身と周囲の作業者に対してアラートを出したりと、機能も十分です。屋外で作業をする場合は、こういった安全管理システムを導入しておくとよいでしょう。

センシング技術を活用して作業者管理の効率化を

今回紹介したようなセンシング技術を活用すれば、より効率的に作業者管理ができるようになります。管理者にとってメリットがあるだけでなく、作業者にとっても、記録の手間がなくなったり、自身の安全が確保できたりとメリットが大きいものです。自社でのアナログな作業者管理に限界を感じているのであれば、これらの新しい技術の活用は作業員の安全と作業効率向上に有効なものとなるでしょう。

IT Insightの他記事もご覧ください

Prev

Next