ホームIT情報セキュリティマネジメントシステム「ISO/IEC 27001」とは?

IT Insight

情報セキュリティマネジメントシステム「ISO/IEC 27001」とは?

レンテックインサイト編集部

IT Insight 情報セキュリティマネジメントシステム「ISO/IEC 27001」とは?

画像素材:Adobe Stock

近年、製造業では情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の導入が進んでいます。製造業のデジタル化に伴ってさまざまな情報セキュリティリスクが表面化しており、それらを管理する必要性が高まっているためです。ISMSの確立が企業間の取引条件となっているケースもあり、企業が成長し続けるために無視できない要素になりつつあります。

本記事では、ISMSに関する代表的な認証規格である「ISO/IEC 27001」について解説します。

ISO/IEC 27001とは?

ISO/IEC 27001は、組織が情報セキュリティ対策を行う際の行動規範や基準となる考え方を定めた国際的な認証規格です。ISMSの確立・実施・維持・継続的な改善や、情報セキュリティのリスクアセスメント・リスク対応を実現するための要求事項が定められています。

ISO/IEC 27001では、情報セキュリティを保つために欠かせない要素として以下の三つを挙げています。

  • 機密性
    許可された人だけが情報にアクセスできるようにすること

  • 完全性
    情報を不正な改ざんなどから保護し、正確かつ完全な状態に保つこと

  • 可用性
    許可された人が、必要なときに安全かつ確実にアクセスできる環境であること

例えば、アクセス制限を極端に厳しくして機密性や完全性を高めたとしても、従業員がデータを使いたいときにすぐにアクセスできないのであれば、可用性が低いため適切な情報セキュリティを保っているとはいえません。ISO/IEC 27001では、機密性・完全性・可用性をバランスよく保つための組織のあり方を示しています。

従来、ISO/IEC 27001は情報通信分野の企業を中心に認証取得が行われていました。しかし、近年の製造業ではIoT・AI・ビッグデータ・クラウドといったデジタル技術が積極的に活用されており、それに伴って情報セキュリティリスクが増加しています。そのため、製造業でもISO/IEC 27001への関心が高まっているのです。

製造業がISO/IEC 27001を取得するメリット

実際に製造業がISO/IEC 27001を取得すると、どのようなメリットを得られるのでしょうか。主なメリットとして挙げられるのは、次の3点です。

  • 情報セキュリティリスクの低減
  • 社会や顧客からの信頼獲得
  • 従業員の情報セキュリティ意識の向上

それぞれのメリットを簡単にご紹介します。

情報セキュリティリスクの低減

ISO/IEC 27001を取得すると、情報セキュリティリスクを低減できます。製造業の内部には、自社の固有技術や製品の企画案、設計図面、知的財産、原価情報、製造条件、といった外部から守るべき情報が数多くあります。また、顧客情報や取引先企業が保有する機密情報も、自社から流出すれば大きな問題になるため、厳重に守らなければなりません。

ISO/IEC 27001を取得すれば、自社のどこに情報セキュリティリスクがあり、どのように守れば良いかが明確になります。それらのリスクに対して適切な対策を打つことで、情報漏洩や改ざんによって損害を受ける可能性を最小限に抑えられます。

社会や顧客からの信頼獲得

ISO/IEC 27001を取得した企業は、社会や顧客からの信頼を獲得しやすくなります。昨今では、世の中全体で情報セキュリティに関する関心が高まっており、情報漏洩などが起こると大々的に報道されるようになりました。また、以前は個人情報を狙ったサイバー攻撃が多い傾向にありましたが、ここ数年間で製造業の機密情報を狙ったサイバー攻撃も頻発しています。こういった背景から、すでに一部の企業は自社だけでなく取引先企業にもISMSの確立を求めるようになり、ISO/IEC 27001の認証取得が取引条件になるケースも増えているのです。

ISO/IEC 27001の認証取得は、その企業がISMSを確立して情報セキュリティ対策を十分に行っているという客観的な証明になります。取得済みの企業は社会や顧客からの信頼を獲得しやすくなり、新たに取引先を拡大する際にも有利に働くのは間違いありません。

従業員の情報セキュリティ意識の向上

従業員の情報セキュリティ意識の向上も、ISO/IEC 27001を取得するメリットです。ISO/IEC 27001を取得・維持するためには、組織のあり方を大きく見直す必要があります。情報セキュリティリスクを低減するための仕組みづくりはもちろん、従業員一人一人が適切な行動を取らなくてはなりません。

どれだけ良い仕組みが構築されていても、従業員が誤った行動をして機密情報が漏れてしまっては意味がありません。ISO/IEC 27001の取得・維持を通じて教育を行うことで、従業員が情報セキュリティを意識した正しい行動を取れるようになります。

IT Insight  情報セキュリティマネジメントシステム「ISO/IEC 27001」とは?

画像素材:Adobe Stock

製造業でのISO/IEC 27001活用事例

製造業の中でも、情報セキュリティに対する感度の高い企業はすでにISO/IEC 27001の認証を取得しています。

例えば、航空宇宙分野の機器や部品の設計・製造を行っているある企業では、10年以上前にISO/IEC 27001の認証を取得しています。航空宇宙分野はその性質上、品質・環境・安全といったあらゆる面で厳しい管理体制が求められるため、顧客が要求する情報セキュリティ体制を有することの証明として、ISO/IEC 27001を取得・活用してきました。同社では、ISO/IEC 27001の取得によって企業内に情報セキュリティが根付いているため、デジタル技術を効果的に活用しやすくなっており、管理体制を継続的に見直しながら企業競争力の向上に役立てています。

また、映像通信技術を活かした機器やシステムを提供している別の企業も、顧客からの要望を受けてISO/IEC 27001を取得しています。この企業では、ISO/IEC 27001の取得・維持によって、従業員の情報セキュリティ意識の向上、情報漏洩などの事故の未然防止、顧客の信頼獲得、といった成果を上げることができました。また、自社のサプライヤーに対しても指導やルール化を行っており、サプライチェーン全体での情報セキュリティ強化にも取り組んでいます。

このように、ISO/IEC 27001の認証取得を通じたISMSの確立は、企業の強みの一つになり得ます。技術力や品質だけでなく、情報セキュリティにも強い企業が、今後は競争力を高めていくのかもしれません。

情報セキュリティは企業の成長戦略の一つとなる

製造業では、品質マネジメントシステムに関するISO9001や、環境マネジメントに関するISO14001の認証取得はいまや当たり前になっています。製造業のデジタル化が進むこれからの時代においては、ISO/IEC 27001の認証取得も当たり前になっていくかもしれません。

ISO/IEC 27001の認証取得は、自社の機密情報を守れるだけでなく、取引先を拡大するための攻めの戦略としても効果的です。自社の成長戦略の一つとして、ISO/IEC 27001の取得を目標にしてみるのも良いでしょう。

IT Insightの他記事もご覧ください

Prev

Next