ホームIT製造業の人材管理を進化させるソフトウエア

IT Insight

製造業の人材管理を進化させるソフトウエア

レンテックインサイト編集部

IT Insight 製造業の人材管理を進化させるソフトウエア

画像素材:Adobe Stock

人手不足が深刻化している製造業において、人材管理の重要性が増しています。製造業企業は人材確保に取り組みつつ、既存人材の育成や管理に注力しなければなりません。

本記事では、製造業の人材管理を進化させるソフトウエアをご紹介します。自社のアナログな人材管理に課題を感じている方にとっての参考になれば幸いです。

製造業の人材に関する課題

まずは、製造業の人材に関する課題を改めて見ていきましょう。

2020年版ものづくり白書|出典:経済産業省では、JILPT「デジタル技術の進展に対応したものづくり人材の確保・育成に関する調査」によって判明した、ものづくり人材の過不足状況が公表されています。同調査によると、大企業・中小企業ともに約70%の企業が「不足」か「やや不足」と回答しており、企業規模を問わずに人材不足が発生していることは明らかです。

少子高齢化に伴って生産年齢人口が減少している日本では、今後も慢性的な人材不足が進むと考えられます。そのため、少ない人材でも効率的に業務を回せるように工夫をしていく必要があるといえるでしょう。

また、製造業は若手人材から不人気な傾向にあります。企業によって実態は異なりますが、製造業に対して3K(きつい・汚い・危険)といったマイナスイメージがまだまだ残っており、人材が集まりにくい状況です。それによって製造現場の高齢化が進んでおり、技能継承の課題も発生しています。

製造業の技能継承は、実務をこなしながらスキルを身に着けていくOJTが一般的です。しかし、場合によっては10年単位で経験を積まなければならず、その間に転職や退職によって人材が流れてしまう可能性があります。特に、最近では年功序列や終身雇用が崩壊しつつあり、人材の流動化対策は急務です。従業員が必要なスキルを素早く身につけられるように、人材育成の方法を見直す必要があります。

製造業の人材管理に役立つソフトウエア

上述したように、製造業の抱える課題を解決するためには、人材管理における工夫が求められます。しかし、特に中小企業ではそもそも人材管理ができていなかったり、アナログな方法で手間がかかっていたりするのが現状です。

最近では人材管理に役立つソフトウエアが充実しており、それらを活用すれば効率的に人材管理に取り組めるようになります。ここでは、製造業の人材管理に役立つソフトウエアを三つ挙げて、それぞれの特徴や用途をご紹介します。

勤怠管理システム

勤怠管理システムは、従業員の出退勤時刻・休暇・残業時間・シフトなどを管理するシステムです。製造業ではさまざまな雇用形態の従業員が入り混じっており、3交代制などの特殊な勤務パターンも存在します。そのため、製造業に特化したシステムを導入すれば、効率的に勤怠管理を実施できます。

勤怠管理システムには、一般的に次のような機能が備わっています。

  • PCやスマートフォン、ICカードなどを使った出退勤時刻の打刻
  • 有給休暇や残業の申請・承認
  • 勤怠情報の自動集計・見える化
  • 長時間労働や打刻漏れの注意喚起
  • シフトの作成・管理

製造業向けの勤怠管理システムの中には、上記機能に加えて、工数管理を行う機能やラインごとの労働時間を分析する機能などを備えているものもあります。これらのシステムをうまく活用すれば、生産性向上にも役立つでしょう。

スキル・資格管理システム

スキル・資格管理システムは、従業員のスキルや資格を見える化することで人材育成を促進するシステムです。各従業員が保有するスキルや資格を見える化した上で、育成計画の立案や進捗管理、適切な人材配置などを実施できます。

以前から、紙やエクセルで従業員のスキルマップを作成している企業は多いですが、作成するだけで終わってしまい、人材育成に十分活用できていないというケースが大半です。スキル・資格管理システムを活用すれば、従業員が必要なスキルを素早く身につけられるようにサポートができます。その結果、企業全体の力量アップやスムーズな技能継承を実現できるでしょう。また、自分が保有するスキルや資格が明確に分かるため、従業員のモチベーションアップにもつながると期待できます。

タレントマネジメントシステム

タレントマネジメントシステムは、従業員のタレント(才能・資質)やスキルなどの情報を一元管理するシステムです。上述したスキル・資格管理システムと似ていますが、タレントマネジメントシステムでは従業員の性格や行動特性といった個性も含めて管理する点が大きく異なります。

タレントマネジメントシステムに従業員の情報を集約することで、次のようなことが実現できます。

  • 従業員の個性やスキルに合わせた最適な配置により、離職を防止する
  • 将来のリーダー候補となる従業員を抽出し、教育・育成を実施する
  • 自社に不足している人材を把握し、採用計画に役立てる
  • 適切な人事評価によって従業員のモチベーションを向上させる

IT Insight  製造業の人材管理を進化させるソフトウエア

画像素材:Adobe Stock

人材管理の見直しが企業の成長につながる

世の中で求められる働き方は刻々と変化しており、製造業もそれに対応していかなくてはなりません。今回ご紹介したソフトウエアを活用すれば、アナログな人材管理を効率化できるだけでなく、貴重な人材が最大限に力を発揮できるようになるでしょう。

人材不足が進行するこれからの時代でも企業が安定して成長できるように、自社の人材管理を見直してみてはいかがでしょうか。

IT Insightの他記事もご覧ください

Prev

Next