資料ダウンロード

本格化するテレワーク時代に向けて、VDIの課題を一挙解決する新たなコンセプト「データ仮想化」が登場。

レンテックインサイト編集部

Rentec insight レンテック・インサイト

さらなる働き方改革が求められる日本企業では、テレワークの重要性がますます高まってきています。

しかしテレワーク環境を構築・運用するには、さまざまな課題が立ちはだかります。
例えば情報漏えいの脅威から企業の大切な情報資産を守らなければならない中、 セキュリティを強固にすればするほどユーザーの使い勝手が低下してしまうという問題があります。
また、テレワーク環境としてデスクトップ仮想化(VDI)を導入した場合、 集中アクセスや移動しながらの利用などには弱く、ユーザーからは不満の声も聞かれます。

本稿では、そのような課題を解決するための新たな技術である「データ仮想化(VDD)」について解説します。

詳しくはフォームにご入力いただくと、本ホワイトペーパーをダウンロードいただけます。
ぜひ、ご覧ください。

『本格化するテレワーク時代に向けて、VDIの課題を一挙解決する新たなコンセプト「データ仮想化」が登場。 ホワイトペーパー』目次

  • 働き方改革、BCP対策・・・2020年代は本格的なテレワークの時代へ
  • テレワーク環境におけるVDIの課題
  • VDIからVDDへ――「データ仮想化」という選択肢
  • 「VDIの問題を解決できないか?」という顧客の声から誕生した「Shadow Desktop」

ホワイトペーパー
ダウンロードフォーム

VDIの課題を一挙解決する新たなコンセプト「データ仮想化」が登場。

資料をダウンロードされたい方は 下記よりご登録ください。

必須の項目は入力必須となります。

例:0312345678(ハイフン無し)